経済指標と個人トレーダーの相性とは??

こんばんはー!

元公務員トレーダーのバイナリーオプションブログを更新します!

今日の記事は、、、、

”経済指標と個人トレーダーの相性とは??”

というテーマです!!

経済指標については過去の記事でもお話した記憶がありますが、今日は金融市場にとって月に一度のビックイベントと言われている、、、

「アメリカ雇用統計の発表」

があるということと、、、

「小林さんは経済指標の時に取引はしますか?」

という質問がけっこうありますので、僕の考え方を書いていきます!!

↓↓↓↓↓

まず、「雇用統計とは」を簡単に説明したいところですが・・・

それは巷のネット記事にいくらでも書いてありますのでそちらをご確認くださいませ!!!

えっ(;´・ω・)

「なんで説明してくれないんだ!!!」ですって(;´・ω・)??

それは・・・

誰でも書ける記事だからです!!

雇用統計とは??という内容だけなら誰でも書けるからです!!

それにもう現時点でたくさんの記事が存在していますからね(笑)

なので!!

そのような内容を僕は書かない!!!

ここは僕の見解を書く場所!!

それ故に、唯一無二のブログだということです!!!

ってことで雇用統計を含む、経済指標に対して僕が取引の際に考えていることとは・・・

「わざわざ取引する場面ではない!!」

という考えです!!

理由としては、、、、

僕はテクニカル指標と相場分析で取引をする個人トレーダーだから!!

だということです!!

テクニカル指標で取引をしているのに、値動きが情報数字などの経済的要因で大きく動いてしまう場面では都合が悪いため、、、読みにくいというか、ギャンブル要素が高いと言えます!!

もちろん!!

指標で勝つ方法もなくはないですし、FXだと狙いどころだったりもしますが、、バイナリーオプションのド短期取引ではエントリーに不向きな局面だというのがほとんどです!!

たとえ、僕の人脈や環境で、どんなに良い経済の動き的情報が入ってきたとしてもバイナリーの取引には使わないですからね( *´艸`)

そんで、、

テクニカル無視の例としては、有名どころだと、、、

◆バンドウォーク、

◆3シグマを超えてもなお反発しないエクスパンション、

◆ストキャスティクスなどのオシレーター勢の反発の数値が異常、

などなどの値動きですね!!

こういう局面は、その日の分析やテクニカル指標が崩れることが多いので、、

僕は、「見逃し」というかその時間帯は「パソコンも見ない」です!!

特に、雇用統計で取引することに関しては、とあるマンガでも警戒したほうが良い的な内容で書かれてたりしますからね!

あ、ちなみに経済指標はネットで検索すれば見れるので事前に警戒時間を把握することができます!

僕は、、ヤフーファイナンスと楽天ファイナンスで確認したり、、Twitterなんかも有効で良い悪いはありますが、リアルタイムで確認できます!!

それに僕も良くツイートしていますからね!!(笑)

まぁ何はともあれ今日の記事で伝えたいことは、、、

経済指標発表時はテクニカル無視をしやすく、経済的要因で相場が動くので基本的にはノーエントリーをおススメします!

もし、指標発表時間になっても相場の動きが無風で「何かあったの?(笑)」という値動きだった場合はそこまで意識しなくても良いですが、、、

基本的には見逃しの認識でいた方が良いですね!

バイナリーオプションであれば他の時間帯にチャンスがありますし、、

「わざわざエントリーする必要はない」

と言えますので、経済の情報力がなくても稼いで行ける!ということの裏付けにもなります!!

そんで、、、この、、、

”わざわざエントリーする必要がない場面!”

という認識は勝つために絶対に必要な考え方となるので覚えておいた方が良いです!!!

また後日の記事で詳しく書きますがね(*´з`)

ってことで、今日の、、僕が思う「経済指標に対する考え方」の記事は以上となります!

これが正解!!という訳ではないですが、

”この考えでここまで来た!!”

とは言えますので、、良ければ参考にしてくださいませ!!

では、今日の投稿をこれにて終わります!( ˘ω˘)スヤァ

PS.

バイナリーオプションで勝つ方法を知りたい方はLINE@に連絡してください!

LINE@ID ➡@wcq0907g

画像はクリックだけでOKです↓↓↓

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


バイナリーオプションランキング

LINEをお持ちでない方はこちらから↓↓

自由な感じでリアルタイムの相場状況をつぶやいてます!!
ブログを更新して貼り付けてます!