バイナリーオプション・・難しい値動きへの対応の仕方とは??

バイナリーオプションなどに関するお問い合わせはこちらから!!!

↓↓↓

画像はクリックだけでOKです↓↓↓

こんばんはー!

元公務員トレーダーのバイナリーオプションブログを更新します!

今日はEUR/JPYのハイエントリーの強い根拠を狙っていきまして、1本目のエントリー後、思ったより上昇するまでに時間がかかったことから上昇のパワーを貯めていると判断しそこから20万円1本と10万円2本を入れた形となります!

プラスは52万8千円。

続いて、、、

今日の記事は、、、、

バイナリーオプション・・難しい値動きへの対応の仕方とは??

です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

はい!!

ってことで、、、、

”難しい値動き”

についてのお話ですが、、、

これは過去にバイナリーをやったことがある方なら誰しもが直面したことがある値動きだと思います!!

例えば、、、、

逆バリ手法であれば、、、

強烈なトレンド発生時で波形を生んでいない値動き。

順バリ手法であれば、、、

ボラが少なく、エントリーポイントが全然わからない値動き。

あと他の例では、、、

指標発表時のテクニカル無視の値動き。

などなど、、、

どの人にも、どの手法にもやりにくい値動きは存在すると言えます!

では、、、

私、小林は、、、

そんな難しい値動きに対してどのように対応しているのか??

どのようにチャートと向き合い、、

どのような決断をしているのか??

それは、、、

ズバリ!!!

”回避です!!”

”見逃しです!!”

僕は、、、

”難しい値動きに対してはわざわざ挑む必要がないので見逃しの決断をしています!”

要するに、、、

”逃げるが勝ちです!”

「難しいなぁ~」

「微妙だな~」

という値動きを感じた際にはそこに対して、、、

「でも、もしかしたら勝てるかも。」

という都合の良い願望は一切なく、、、

ズバッと切り捨てるのです!!!

そこで、様子見をしていき、やりやすい値動きで勝ちに行くというのが基本スタイルです!!!

これが僕が良く言っている、、、

”勝てるポイントで勝つべくして勝つ!”

ですね!!!

ちなみに、、、

この、、、

”様子見”

にも少しこだわりがありまして、、、

まず、、

「とりあえず様子見」

だと、、、

いったいいつまで待てばよいのか??

と、、、明確な根拠がないというのが違和感だと思っているので、、、、

僕は、、、

”インジケーターの反応がしっかりしてくるまで様子見!”

というように、、、ここにも明確な根拠を持っています!!

なので、、、

難しい値動きには、、、

”わざわざ挑む必要はない!”

だから様子見をしていく。。。

そして!!

その様子見にもしっかりとした根拠を持つことにより、無駄のない効率の良い取引に繋がる!!

そこでインジケーターや相場分析の観点から反応が良くなってきた値動きのときにズバッと勝ちに行く!!

ということですね!!

それと、、、

もし、、、

この記事を読んでいて、、、

「難しい値動きがそもそもわからない。」

という事実が発覚したという方は、、、

その原因はシンプルに、、、

”手法がない”

ということか、、、

”手法を熟知していない!”

という状態だと言えます!!

これは過去の記事でも言いましたが、、、

”負けの回避”

や、、、

”相場分析”

の前提には、、、

”手法”

があります!!

その手法の根拠付けに合わせて相場分析をする!

その手法の負けやすいところを把握できるから負けの回避ができる!

というように、、、

手法があることにより全てに繋がっていくということです!!!

これは覚えておいた方が良い事実だと言えますね!!

ってことで、、、

今日のまとめとしては、、、、

”難しい値動きに対しては、わざわざ挑む必要がないから見逃し!!”

であり、、、、

僕が常々大事にしている認識の一つにあるのが、、、

”負けるときは負けるポイントで負けるべくして負けている!”

”勝つトレーダーは勝てるポイントで勝つべくして勝つ!”

です!!!

もしよろしければ参考にしてみてください!!

では、今日の投稿はこれにて終わり!!

PS.

小林に連絡したい!

小林に質問したい!

バイナリーオプションで勝つヒントを知りたい!という方はLINE@に連絡してください!

LINE@ID ➡@wcq0907g

画像はクリックだけでOKです↓↓↓

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


バイナリーオプションランキング

LINEをお持ちでない方はこちらから↓↓